自分でできるエステ方法とは

手軽にできるフェイシャルエステ


自分でできるエステ方法として、より効果に期待できるのが入浴時です。
洗顔の際には毛穴にファンデーション等が残ってしまう事によって肌が酸化、思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまう事が無い様に、丁寧に汚れを落とす事が大切です。
ただ闇雲にこすりながら洗うのでは無く、毛穴を開かせる為に蒸しタオルで顔全体を覆う事で毛穴に沈んでいた汚れを浮き上がらせてより高いクレンジング効果が得られます。
その後に行う洗顔では、しっかりと洗顔料を泡立てる事が大切です。泡がない状態では表面の汚れしか落とすことが出来ず、毛穴に余分な皮脂や汚れが残ったままとなってしまいますが、泡を立てる事によって毛穴の中まで洗浄成分が届き、しっかりと汚れを落とす効果が生まれるのです。
その際はお湯の温度にも気を配る事が重要です。高すぎてはすぐに水分が蒸発し、乾燥を招いてしまう逆効果になります。



専用器具を使ってのエステ


自分でできるエステとして、専用の家電や器具を使う方法もあります。
最近ではセルフエステ専用の家電がニーズに応じて数多く販売されているので、比較的継続して行い易く時間に縛られる負担も軽減される為に生活に浸透しつつあります。
自分の手では行えない様なイオン導入やコラーゲン、ヒアルロン酸をより深く肌へ浸透させる効果がある物、1秒間に数百万回以上の振動を肌に伝える事が出来る物や口元や目元等の各部分に特化した物等と多種多様です。
また、有料パウダールーム等に各種セルフエステ器具を設置したブースやプロ仕様の本格的なエステマシーンを使って自分でケアをする事の出来るサロンもあり、仕事帰りや空き時間を使って手軽に利用する事が出来る為、何よりも大切な継続する事と言う観点からも大いに利用したいものであると言えます。