美肌の方法はとにかく肌をこすらないこと

洗顔は泡をのせるだけ


美肌の方法は、とにかく肌をこすらないことです。肌に摩擦を与えることでダメージが蓄積され、美肌から遠のいてしまいます。
特に注意すべきポイントは洗顔です。洗顔時は、つい汚れを落とそうと思って、メイク落としや洗顔料をつけた手で、顔をごしごししてしまいがちです。しかし、ごしごししなくても、泡立てた洗顔料を顔に乗せて押し洗いするだけで、汚れは十分落とせます。メイク落としも同様で、優しくなでてメイクとなじませればメイクを落すことができます。
すすぎの際も、顔をごしごしこするのではなく、手に溜めた水を優しくかけることを繰り返すだけで、メイク落としや洗顔料は落とせます。ただし、丁寧にすすぎ残しがないように注意します。



スキンケアとメイク時もこすらない


スキンケアの時も、美肌のために摩擦は厳禁です。化粧水は手のひらでこすりつけるのではなく、肌に押し込むようにプレスします。こすらなくても、すーっと肌に浸透していきます。これを、肌がしみこまなくなるまで繰り返します。乳液も同様です。顔をマッサージする際は、摩擦が起きないようにマッサージオイルを使用して、力を入れすぎないように注意します。
メイクもスキンケアと同様に、こすらないように気を付けます。ファンデーションは多少は広げるためにのばす必要がありますが、基本は押し広げていくイメージで塗ります。広げていく場合も、こすらずなでるように優しく広げます。
アイシャドウをチップで塗る際も、押し付けずになでるように塗っていきます。